KOKOROZASHI INTERVIEW

不動産に関わるすべてのひとに寄り添う。ライフコーポレーションに話を聞いてきた。

株式会社ライフコーポレーション不動産産業部  不動産事業部  総務経理金城貴雅  知念直人  西里星羅

みなさん、こんにちは。トポセシアインターンの松田です。今回は『至誠・責任・貢献を以って、人の為に尽くします』という経営理念のもと、沖縄一の建設業&不動産業を提供する会社を目指すライフコーポレーションの社員さん3人にお話を伺いました。

 

 

Q:まずはじめにライフコーポレーションの仕事について教えてください。

 

金城さん:

 

ライフコーポレーションには、不動産事業部、建築事業部の2つがありまして、不動産事業部では、ピタットハウスなどの事業所と協力しながら不動産の賃貸・管理・売買などを行なっています。一方、建築事業部ではどんな物件が顧客から求められるかを考え、企画し、実際に建てるところまでが仕事になります。細かく言えば、もっとあるのですが、不動産をつくるところから、実際にお客様に住んでいただくところまで、全行程がライフコーポレーションの仕事だと思っていただいて大丈夫です。

 

 

Q:ライフコーポレーション会社としての強みはどんなところですか?

 

金城さん:

 

「2ヶ月以上の空室を5室以下にする」という目標を定め、空室対策会議というのを毎週行なっているところです。具体的にどんなことをしているかというと、今ある空室に、どうしたらお客様が入ってくださるかを考え、必要に応じてリフォームや、家具の設置といった提案をオーナー様にしています。その甲斐もあって、弊社で管理している約2500部屋中、空室は8室ほどしかありません。

 

ちなみに弊社のインターンシップでは、実際に空室対策会議を皆さんにもやっていただきます。学生のみなさんと社員で、実際にある空室をどう改善するかを話し合います。ちなみに、インターンシップで決定したプロモーションなどの施策は、基本的にすべて実施されるんです(笑)。是非参加して、この仕事の面白さを体感して欲しいですね。

 

Q:ライフコーポレーションとして、どんな人を求めていますか?

 

金城さん:

 

『至誠・責任・貢献を以って人のために尽くします』という経営理念と、ライフコーポレーションが描く10年後のビジョンにどれだけ共感してくれる人を求めています。そのビジョンがこちらです。

 

 

ご覧の通り、まだまだ実現できていないことも多いんです。でも、社員全員で話し合って決めたこのビジョンをもとに、これから実際にどんどん事業を推進していきます。なので、弊社のビジョンを自分のビジョンと重ね合わせ、その実現に向けて努力できる人。その過程で、人間力や不動産に関する知識、新規事業に関わる経験などを得て、成長していきたい人は大歓迎です。そのために会社としては、手厚い研修や沖縄以外で仕事をする機会、責任の大きいポストなど、着実に成長していくうえで欠かせない環境を提供します。

 

不動産業界で働く人は、ほとんどみんな未経験からのスタート。だから恐れずに飛び込んできてください。

 

 

会社だけでなく、自分のビジョンの実現もできるのはとても素晴らしいですね。金城さんありがとうございました!次は、不動産事業部の知念さんにお話を伺いました。

 

 

Q:ライフコーポレーションに入社された理由を教えてください。

 

知念さん:

 

前職は自動車の整備士でした。もともと叔父さんや従兄弟の影響で車が好きになり、高校生の頃には自分でスポーツカーを買って車いじりをするほどでした。だから仕事にするなら、もっと知識を深められる整備士がいいと思ったんですが、実際働いてみるとイメージと全く違っていて。自分の車をいじる余裕もないし、仲間内でレースに出るなんてこともなく、正直つまらないと思ってしまったんです。でも、お客さんと話している時間だけはとても楽しくて。だから今度は、接客業をやってみたいと考えるようになったんです。それで転職を決意し、仕事を探している中でライフコーポレーションと出会いました。特に、経営理念に惹かれ、是非この会社で働きたいなと。入社前に会社の様子を見させていただいて、和気あいあいとした雰囲気や、みんなでひとつの仕事に取り組む姿勢がいいなと思い、入社を決心しました。

 

 

Q:知念さんの仕事とそのやりがいについて教えてください。

 

知念さん:

 

今はピタットハウスなどの仲介会社とのやり取りや、空室対策が主な仕事です。部屋を探すお客様が仲介会社に来られた後に、そのお客様が希望する部屋の空き状況を確認したり、契約書の作成をしたり、仲介会社の人たちと、実際にお客様が入居するまでの段取りを組んだり、といったことをメインにやっています。一方で、空室となっている部屋をどのように改善し、どう売り出し方を変えれば魅力的に思われるかという会議をして、意見をまとめ、実際に改善策を実施するのが、現在の一番の仕事になっています。

 

前の部署にいたときは課せられた売上目標を達成することや、その結果が全国ランキングという形で評価してもらえることがやりがいでしたが、今は空室対策会議などにおいて部内で意見をまとめ、みんなで一つの企画をつくりあげ、最終的に空室が埋まるという結果を得ることが大きなやりがいとなっています。

 

 

Q:知念さんが思う、ライフコーポレーションの魅力はどんなところですか?

 

知念さん:

 

スキル以前に、人間力を何よりも大事にしているところですね。特に、ライフコーポレーションでは、定期的に「人間としての在り方」を考える勉強会を開催しています。人との接し方や、振る舞いなどを通じ、どう人間力を上げていくかということを問われるんです。その結果なのか、社内には本当に”良い人”が多くて。これが何より会社の魅力になっていると思うんです。「人間力」と言っても、別に宗教チックなものではなくて、叱ってもネチネチいびらないとか、人を気遣うこととか、忘れがちだけど人として当たり前に持っておくべき思考を習っている感じなんです。

 

そして人間力を磨いた上で、接客の技術や、相手の発言の意図をより早く正確に読み取るといったようなスキル面を磨く研修も受けられます。頻繁に内地の研修にも行かせてもらえるので、そこで会う人たちと刺激し合いながら自分のレベルを上げていけるのもこの会社の良いところだと思いますね。

 

 

働きながら人間力を磨けるというのは、なんだか素敵な会社ですね。最後に、総務経理部の西里さんにお話を伺いました。

 

 

Q:ライフコーポレーションに入社された理由は何ですか?

 

西里さん:

 

私は、新卒で別の不動産会社に入社したのですが、金銭的に余裕もなく、夜はパートを掛け持ちしながら働いていました。そんな生活を1年ほど続けているうちに、自分の将来に危機感を感じて、転職することにしたんです。それでたまたま見つけたのが、ライフコーポレーションでした。実際に選考で会社に来てみると、社内はおしゃれだし、面接を担当してくださった部長の人柄もとても素敵だと思って、入社を決意しました。実際に働いてみても、忙しいのが好きな私にピッタリな仕事量で、得意な経理も任せてもらえて、本当に入社できてよかったと思っています。

 

 

Q:西里さんの仕事とやりがいについて教えてください。

 

西里さん:

 

私は知念さんたちとは違ってお客様と関わる部分ではなく、入居者様から支払われた家賃を管理したり、会社の経費を清算したりといった業務が、主な仕事になります。簡単に言えば、誰から家賃が支払われていているか、支払われていないかを明確にしたり、会社のお金が具体的にどんなことに使われたかを数字にして記録するような感じです。また、入社してすぐのタイミングで人事も任せていただいていて、インターンシップの内容を考えたり、学生のみなさんと一緒にワークをやったり、といったこともやらせていただいています。

 

その中でも、最近は特に人事としてのやりがいを強く感じています。インターンシップの企画から関わって、実施した後のアンケートでは、良いことも悪かったこともフィードバックとして返ってくるのがとても楽しくて。充実した内容だったと書いていただけるのはもちろん嬉しいですが、アンケートを見て改善すべきだと思ったところは次こうしようとか、別のワークを入れようかなどを考えるのも楽しく、とても充実感を感じています。

 

 

Q:西里さんが思う、ライフコーポレーションの魅力は何ですか?

 

西里さん:

 

「人想い」な人が多い、というのがライフコーポレーションの魅力ですね。私自身、給与が良くても人間関係がうまくいかない職場はちょっと…と思っていたのですが、ライフコーポレーションの人間関係は最高です。社員みんな、仕事とプライベートのメリハリがしっかりしてますし、職場では毎日笑いが絶えません。もちろんミスがあれば叱られますが、それを引きずって険悪なムードになるとか、話をしづらくなるなんてことは一切ありません。人間関係を気に病むことなく、良い人たちに囲まれて、とことん仕事に集中できるのがこの会社の良いところだと思っています。

 

編集後記

 

ありがとうございました!3人とも、ぼくの質問に対して素早く正確に返してくださる方々で、もっと学生のみなさんに伝えたいことがたくさんあるという気持ちを感じる取材でした。もっと話を聞いてみたい、採用について質問がある!などの要望は、お問い合わせフォームからどうぞ!

今回の取材では、記事に残せる量以上に素敵な話を伺うことができました。
もっと話を聞いてみたい、採用について質問がある!などがあればこちらから連絡できます。

この人事に会いたい!

他の企業の志インタビューを読む