KOKOROZASHI INTERVIEW

沖縄No.1のツーリズムカンパニーを目指す WBFリゾート沖縄株式会社

WBFリゾート沖縄株式会社人事仲間可南子

WBFグループの一員として、沖縄県内のホテルや観光施設業の運営など観光業に特化したWBFリゾート沖縄。ウミカジテラスや、アクアチッタナハなど、新しい観光施設を次々と開発し続け、沖縄No.1のツーリズムカンパニーを目指しています。今回は人事の仲間可南子さん(琉球大学卒)に、WBFリゾート沖縄で働く魅力や、仕事のやりがいを聞いてきました! 

 

自分の波長と合う、企業との出会い。 

実は私自身の就職活動でいうと、始めるのが遅くて。もともと人と話すのが好きだし、大学も観光の勉強をしていたので、就活でもホテルを受けようかなとは思っていました。結局5社ほど受けた中で、もう一社外資系のホテルと、それ以外は接客の仕事を中心に見ていました。その中でもWBFリゾート沖縄今は別会社なってるけどレンタカー事業があったり、ウミカジテラスだったり、温泉とかホテル以外のことも幅広く手掛けている会社だなと言う印象でした。福岡石垣にも事業を展開しようとしているという話もあって、事業としての広がりや可能性も含めて魅力的に映ったのは事実です。

 

説明会でもホテルといえばスーツや制服でビシッとした人が多いイメージでしたが、WBFリゾート沖縄の人事や社員の方々はかりゆしウェアで、なんかいい意味で堅苦しくなくゆるさがちょうど自分の波長と合いそうだなと思ったですそんな、楽しく働けそうだなという雰囲気が決め手となって入社を決意しました。 

 

ときには自分に合わない仕事と向き合うことも。 

内定をもらってから入社の間まで、WBFリゾート沖縄経営するアートステイというホテルでアルバイトを始めたです。その時点で雰囲気のいいホテルで働きやすい環境だなとは思いました。アートステイの接客はとにかくお客さまと仲良くなることを第一に掲げていて、お客様も縄の人と話したいというフレンドリーな方が多く、私も沖縄の情報を気さくに話すくらいのほうが、お客様にも喜ばれると思って、接客の中でもフレンドリーな雰囲気や話しかけ方を大事にしていました。 

 

入社後は約2ヶ月間かけて沖縄本島にある各施設を研修で回り、正式に配属されフロントで1年業務を経験した後、レベニューマネージャーという業務に移行しました。この仕事が正直全然自分には向いてなくて(笑)。レベニューマネージャーっていうのは、部屋料金設定や宿泊プランを決定し毎日毎日のホテルの売上額決めていく役割のことを指します。ホテルのレベニューマネージャーに集まり週次売上目標を決定するために、ホテル部屋の料金をコントロールしながら売上額めていくです私の責任で売上が決まるという重圧があって、売り上げが落ちたら自分のせいだなって。数字をゲームみたいに扱える人なら多分とても楽しい仕事だと思うでしょうね。ただ私にはそんなに楽しむくらいの余裕を持ってできる仕事ではなくて、全然合わなかったです 

 

お客様に、もっと利用してもらうホテルを目指して。 

その後はフロントリーダーに戻ってシフトを作ったり、支配人からくる指示をを各現場に伝えたり、アートステイの利用者が増えるように、マーケティングをしたりしていました。マーケティングというのは、アートステイをもっとよくするために、こんな取り組みをしよう」という支配人の思いを形にしていくのが仕事なんです 

 

マーケティングの仕事で強く印象に残ってるのは、支配人がファミリー層獲得を目的に、アートステイに子どもが遊べるキッズコーナーとしてレゴコーナーをつくりたい話を持ってきたことがありました実際に作るにあたって、まずはレゴランドだったりレゴホテルに行って、どういう風に作られているかを現地調査して、見積もりとってとかそういうところから始まっていくですねああ、こういう発注はここの業者お願いするだなとか、今までやったことのない業務ばかりで、そういうことを一つずつ学んでいくのはとても新鮮でした 

 

実際準備も整い、ホテルの中にそういう空間を作るタイミングが、エレベーターの点検でホテルを5日間閉めるタイミングと重なりました。どうせ5日も閉めるならのタイミングでHPとか予約サイトで使用するホテルの宣伝素材の写真も撮りなおそうという話まで持ち上がって。モデルやカメラマンのアテンドだったり撮影用の車の手配も同時で任されて(笑)。で、その撮影の5日目にレゴを使ったキッズパークの写真も撮るという話になっていたです。だから、とにかくこの5日でキッズパークを作りきらないといけない

 

結局5日目の撮影ギリギリまで作業を続けてなんとか完成しました。ホテルの運営が再開してからは、子どもたちがそこで遊んでくれている姿を見かけるが嬉しくて仕方なかったですね。んなが喜んでくれる場ができたことや、わからない中でも自分で学びながら最後までやりきれた経験は、とてもやりがいに感じるでき出来事でした。 

 

やりたいことに挑戦できる環境があるのも魅力。 

WBFリゾート沖縄では、自分が面白いと思ったことや挑戦したいと思ったことを支配人にプレゼンして、内容が通れば実際に実現するというのも、この会社で働くことの面白さだったりします。例えば私がアートステイでやったことというと、そもそもアートステイのターゲットがファミリー層だということが前提にあったので、子供向けのアメニティ、キッズアメニティとか、キッズパジャマを面白く貸し出そうという風に考えて、子供向けのパジャマを大きいクマのぬいぐるみに着せてアメニティコーナーを飾るとった提案をしました。その写真をホテルの予約サイトに載せたりして、とにかくみんながそういうアメニティがあることを知るきっかけや、使うきっかけを面白くしようとした試みでした 

 

あとは高級なドライヤーを貸し出せるようにしたり、とにかくホテルを使いたいというお客様にとって、いろんな価値提供の仕方を考えて、より満足度が上がるようにしていくことが、この仕事の楽しさだと思っています 

 

人事として会社をつくっていく立場に。 

今は人事に異動してきましたが、現場にいた時とは全然違う仕事ばかりですね正直人事にきてこんなに事業領域が広いということを改めて理解し直してWBFの規模の大きさを実感しています。仕事の目的も、現場にいた時はホテルの売上を上げるのがいちばんの仕事だったですけど、今は人を採用することと、定着させることが何より目的。売上を上げるためにはお客様に喜んでもらうことが大事なのは当然ですが、でもそのためにもまずは働くスタッフに喜んでもらうことが何よりも大事だと思うです。 

 

この間は、台湾に行って日本語学校を周り、会社説明会をしてきました。その時は外国の方々向けにスライドをつくWBFリゾート沖縄の仕事の魅力を伝えてみて、夜はその日の反省を踏まえ、もっと自社の魅力を伝えるにはどうするべきかを考えてスライドに反映し次の日に挑む。これの繰り返しですごく頭を使いました。その時こそ応募にはつながりませんでしたが、初めての経験でも積極的に若手の私に任せてくれて、難しい課題に対してやり切らせてもらえました。外国人の方に会社の魅力を伝えることは難しいですけど、とにかくこの経験をやり切れたのはとてもやりがいを感じました。 

就活生の皆さんには、できるなら行きたい会社が見つかるまでに、しっかりと準備をして挑んで欲しいなと思っています。私は正直面接に全然慣れていなくて、ドラマで見たことがあるような面接の知識だけで挑んでしまって(笑)。自分のいいところをちゃんと伝えられるくらい、しっかりと慣れておいた方が絶対にいいと思います。 

 

私自身は、この会社に出会えて本当に良かったと思っています。いろんな挑戦をし続ける会社にいれるからこそ、20代のうちに自分もどんどん挑戦したいし、努力し続けていきたい。そう思える会社に入社できたのはよかったなと思っています。皆さんにも、是非後悔のないような就活をしていただけたらなと思います。 

今回の取材では、記事に残せる量以上に素敵な話を伺うことができました。
もっと話を聞いてみたい、採用について質問がある!などがあればこちらから連絡できます。

この人事に会いたい!

他の企業の志インタビューを読む

人を大事にしてきたからこその急成長。「思いを形にして、笑顔と夢中を想像する。」株式会社いえらぶ琉球人事インタビュー

株式会社いえらぶ琉球

働く社員の人間力、県内トップクラス!お客様絶対満足主義を掲げる株式会社光貴に行ってきた。

株式会社光貴

業界一お客様との信頼を大切にする会社。全保連で話を聞いてきた。

全保連株式会社

「ヒトに“HAPPY”を」ミッションに掲げる株式会社medibaにいってきた。

株式会社media

不動産に関わるすべてのひとに寄り添う。ライフコーポレーションに話を聞いてきた。

株式会社ライフコーポレーション

誠意と信頼で縁がつながる場所を提供する。ヒロコシグループに話を聞いてきた。

ヒロコシグループ

思いやりとシステムでお客様の業務を改善する。日本ビジネスシステムズに話を聞いてきた。

日本ビジネスシステムズ株式会社

世界一のリゾートウェディング企業を目指す、 沖縄ワタベウェディング株式会社

沖縄ワタベウェディング株式会社

沖縄県民のライフラインを支え続けている企業!りゅうせきで働く人たちに話を聞いてきた!

株式会社りゅうせき

沖縄の通信インフラを築き上げた「地元に全力」企業、沖縄セルラー電話株式会社

沖縄セルラー電話 株式会社

すべての人が「働きがい」を感じられる世の中をつくる 株式会社サイダスで話を聞いてきた

株式会社CYDAS

知る人ぞ知る、県内でも圧倒的ニッチトップの優良企業 株式会社島袋

株式会社島袋

経営理念は「ちむぐくる」。沖縄生まれ、沖縄育ちのリゾートホテル。前田産業ホテルズ

前田産業ホテルズ

「常に変化する状況の中でクールに熱く、お客様のために最高の結果を出す」株式会社外為どっとコム

株式会社外為どっとコム

手を挙げれば店長に。立候補制度で育つ主体性。OWNDAYS

OWNDAYS株式会社

ICTを武器に、日本中の社会課題を解決に導く 株式会社沖縄富士通システムエンジニアリング

沖縄富士通システムエンジニアリング

新たな事業領域への挑戦。ITを活用し沖縄の産業を盛り上げる。 株式会社okicom

株式会社okicom