Topothesia(トポセシア)

Topothesia(トポセシア)

メニュー
EVENT REPORT
2016.09.08

18卒向け!自己分析ワークショップ開催 イベントレポート

こんにちは!黒島颯(くろしま はやて)ともうします。僕は現在、沖縄国際大学の4年次を休学中です。株式会社パラドックスのインターン生として、ここTopothesia(トポセシア)で沖縄県内の就活生と企業を結ぶ場作りを行っています。18卒(現3年次)の学生は9月になり、少しずつ企業インターンシップなどの情報から就活を意識し始めているのではないでしょうか?17卒(現4年次)の学生は10月には内定式が控えていますね。 そんな中Topothesiaでは、9月7日(木)に18卒向けの自己分析ワークショップを開催いたしました。

 ワークショップは大盛況でした!就活・留学・純粋な好奇心などそれぞれの目的を持った14名もの方々が参加し、じっくり時間をかけながら(気づけば3時間…汗)自分の過去と向き合ってもらいました。すでに就活に前のめりな18卒の学生がいることに驚きました。でも、みんな何か漠然とした不安があって集まったようです。

 最初こそ固い雰囲気でしたが、チョコレートを食べたり雑談をしながら、リラックスして自己分析に取り組んでいました。参加者からは、「自己分析のやり方がわかって良かったです」「他人と自分の思っている事が違うことを知れた」「短時間で自己PRが書けるようになって驚いた」「チョコレートが美味しかった」など、その内容に満足いただけた感想を聞くことができました。

自己分析ワークショップで使用したシート

 反響の大きかった今回の自己分析ワークショップ、種明かしをするとこのようなシートを使用しました。振り返るのは、なんと小学生から!中学〜高校〜大学と思い出をさかのぼり、それから形成された性格を洗い出します。そして、自分で思う性格だけでなく、他人から言われる性格含めて自分の本質に迫ります。最後に自分らしい性格と好きな行動を結びつければ、自然と自己PRが出来上がるわけです。

 このような自己分析を行うと、「あなたはどんな人ですか?」と聞かれた時に答える自己PRが作れるのです!

自己分析には大きな意味があります。

 「自己分析」といえば、よく就活のためにやらなければならないことだと思われがちですが、目的は就活だけではありません。自分の過去を深堀りすることで、自分の適性を知り将来のなりたい姿を明確にすることができます。これからの人生において判断に悩んだとき、この自己分析を行うことでミスマッチングや後悔を減らすことも可能なのです。

 自己分析は、たった一回やっただけでは圧倒的に振り返りきれないです。何度も繰り返し行うことで、初回で思い出せなかったことまで思い出せるようになるので、ぜひリピートすることをオススメします。
 
 次回の自己分析ワークショップは、10月4日(火)です!

来週、9月16日(金) はモチベーショングラフ・ワークショップ!

 また来週は、自己分析とはまた一味違ったワークショップ「モチベーショングラフ」を開催いたします!過去を振り返るのは自己分析と似ているのですが、このワークショップでわかるのは「自分のモチベーションがどこにあるのか」。例えば壁にぶつかったとき、どうなるか。そしてその壁を、どのようにして乗り越えるのか。これを把握し、モチベーションをコントロールすることもできるのです。

 モチベーショングラフ・ワークショップは、9月16日(金)の18:00〜21:00にTopothesiaで開催します!
参加費無料!ドリンクバー&お菓子付き!
いつものようにリラックスしながら、自分と対話してみませんか?
お待ちしております。

フェイスブックlinetumblrツイッターinstgram

access

〒901-2214

沖縄県宜野湾市我如古2丁目12−6

琉球大学北門より徒歩30秒

TEL:098-943-6260

代表:寺地 峻

MAIL:topthesia2013@gmail.com

営業時間:11:00-25:00(年中無休)

PRODUCED BY PARADOX TOPOTHESIA ALL RIGHTS RESERVED.