Topothesia(トポセシア)

Topothesia(トポセシア)

メニュー
EVENT REPORT
2016.09.01

8月31日開催!エステート白馬会社説明会 イベントレポート

こんにちは。神里優斗(かみざと ゆうと)ともうします。僕はいま、琉球大学の4年生です。 株式会社パラドックスのインターン生として、ここTopothesia(トポセシア)で、沖縄県内の就活生と企業を結ぶ場作りを行っています。 8月も後半に入り、17卒(現4年生)向けの就職活動が終着に向けて進んで行っています。 そんな中、Topothesiaでは、独自の企業説明会を行っております。その名も『Visions Live』! 説明会に参加した学生自身が、その企業の魅力、すなわち「志」を考えていく、パラドックスならではの、リアルタイムで企業の魅力を発信する会社説明会です。 今回『Visions Live』を行ったのは、東京に本社を置く、エステート白馬!

【Visions Liveから見る、エステート白馬の”現在”と”過去”、そして”未来”】
現在、創業から24年目、来年には25周年を迎える、エステート白馬。

創業のきっかけとなった不動産の売買、仲介を事業基盤としながら、現在は高齢者住宅の企画運営、介護サービス、人間ドック&法人向けの健康診断など、ハード面だけでなくソフト面までサポートする”福祉住環境サービス”を掲げ、幅広い事業展開を行っている企業です。
何よりもまず「不動産を購入する方」に寄り添うという信念を大切にしながら、最終的に不動産仲介の仕事をもっと世の中に誇れる仕事にしたい!という強い志を持っています。

日本では珍しいバイヤーズエージェント(買い主の代理人)という立場で、正しく不動産の情報・知識を提供しています。また、仲介として様々な要望に応えていく中で、時代の先を見据えた”高齢者へのサービス”を自社で運営しています。
創業した24年前の不動産業界はモラルが低く、嘘をついても売る、という利益至上主義な風潮もあったせいで、あまり良いイメージのない職業でした。、このままの業界でいいのか?もっと仕事に誇りを持つべきでは?という疑問を持ったことが創業のきっかけになりました。
「仕事に誇りを持つべきだという使命感」「今までにない買い手の目線に立った不動産会社」というのがエステート白馬の創業当時から根付く重要なキーワードとしてあがっていました。

【Visions Liveに見る、エステート白馬の”志”】

パラドックスでは、企業の「志」を、「志」=「独自の戦略」×「成長意欲」と定義しています。

今回、Visions Liveに参加した学生から説明会を聞いた上で感じた
エステート白馬が今後も描いていくであろうビジョン、「志」として、

◯その時代ごとや、時代の先を見据えたお客様の生活に快適な社会の実現
◯問題が発生しない未来を作る
 (未来に発生するであろうニーズを先取りして解消する)
◯買い手目線をずっと第一に考え続けている
◯不動産業界のアットホーム化
 (買い手目線の不動産が増えていけば、より優しい不動産業界へ)
といった声が挙げられました!!

みんな、それぞれがエステート白馬の魅力を言語化できたことが
今後の就職活動においても、企業分析をする際に役立つはずです。

Topothesiaでは今後も、様々な志溢れる企業の説明会を行っていきます!

フェイスブックlinetumblrツイッターinstgram

access

〒901-2214

沖縄県宜野湾市我如古2丁目12−6

琉球大学北門より徒歩30秒

TEL:098-943-6260

代表:寺地 峻

MAIL:topthesia2013@gmail.com

営業時間:11:00-25:00(年中無休)

PRODUCED BY PARADOX TOPOTHESIA ALL RIGHTS RESERVED.