Topothesia(トポセシア)

Topothesia(トポセシア)

メニュー
EVENT REPORT
2017.09.29

「就活って何から始めたらいいの?」という疑問を解消するイベントをやりました

ちょっとあーた。就活始めてまずすべきことは、自己分析なんですのよ。

みなさん、こんにちは。
トポセシアのインターン生、松田です。
今回は、昨日開催された『就活概論』というイベントのレポートです!
就活を始めた今、必要なことをまとめました!

「就活の成功は『自分が活躍できる場所を探すこと』」

就活で成功した人って、どんな就活生だと思いますか?

大手企業に行った人?年商何十億の会社に行った人?

それはたしかに成功かもしれませんが、例えばそこが、働き始めたあとすぐにやめざるをえないような会社だったらどうでしょうか。

鬱になってしまう会社だったら、それは失敗と呼べるのではないでしょうか。

だから会社の規模にも大手かどうかにも関わらず、自分の能力を遺憾なく発揮できて、自分の価値を発揮できる会社を、環境を見つけることが、就活の成功なのです。

そこで、精一杯活躍してください。










「就活を始めてまずすべきことは、自分の認知」

就活といえば、企業を探すとか、面接を受けるとか、そんなイメージが強いのではないかと思います。

しかしそれらは、実はもう少しあとのことなんです。

就活のファーストステップはまず、何度も何度も自己分析をして、徹底的に自分を認知すること。

まずは自分を知らないと、自分がどんな業界に向いているのかわかりませんし、人に自分を伝えることもできませんからね。

自己分析の方法は、大きく分けて3つ。
・ファシリテートしてもらう
・タイプ分析
・価値観分析
それぞれいいところと悪いところがあるので、できれば全部の手段を使って自己分析をしましょう!

ファシリテートしてもらうやり方は、トポセシアで自己分析を受けるとか、ジョハリの窓とかのやり方を試すとか、そんな感じ。

タイプ分析の代表的なものは、MBTI分析やストレングスファインダーなどがあります。

ストレングスファインダーをやるなら「さぁ、才能に目覚めよう」という本がおすすめです!

一冊につき、受験できるコードが一つ ついているのですが、そのコードは一回しか使えないので、新品を買わないと損をするのでお気をつけて。










「未来設定をするうえで必要なのは、『自分が生きる上で何を大切にしていきたいか』」

就活というのは、自分の未来を決めることだと思うんです。

数えきれないほどある選択肢のなかから選ばなきゃいけなくなったとき、みなさんならどんな基準を置いて選択をしますか?

ぼくだったら、「ある程度自由に仕事をさせてくれる会社」を基準に置きたいです。









「面接で落ちたからといって落ち込む必要はまったくない」

面接に落ちるというのは、『能力がない』と判断されることではありません。

単純に『自分の会社には合わない』と判断されただけです。

自分が活躍できる環境はひとつではないですし、この世に必ず存在するので、就活中により多くの会社と面接を受けましょう。

落ち込む必要なんてないのです。





いかがでしょうか?
就活の始まりは、まず自己分析から。
というわけで、10月3日の18:30から、トポセシアにて自己分析ワークショップを開催します!

元リクルートのお姉さんに、たくさんフィードバックをもらって自分を知りましょう!
それでは!

フェイスブックlinetumblrツイッターinstgram

access

〒901-2214

沖縄県宜野湾市我如古2丁目12−6

琉球大学北門より徒歩30秒

TEL:098-943-6260

代表:寺地 峻

MAIL:topthesia2013@gmail.com

営業時間:11:00-25:00(年中無休)

PRODUCED BY PARADOX TOPOTHESIA ALL RIGHTS RESERVED.