Topothesia(トポセシア)

Topothesia(トポセシア)

メニュー
STAFF BLOG
2017.12.26

アール・スタイルで働くインターン生に話を聞いてみた②

今回は、名桜大学の後藤鮎美(ごとうあゆみ) さんの回です♪インターンシップ先、そして内定先としてとしてアール・スタイルを選んだ理由など。いろいろ聞いてきました!

それでは、スタート♪

Q.まずはじめに、アール・スタイルについてはどこで知りましたか?―――――――

後藤さん:
最初にアール・スタイルのことを知ったのは、TopotheisaのFacebookに掲載されていたインターンシップ募集ページを見て知りました。当時、飲食店など接客のアルバイトは経験していましたが、建築や不動産は全くやったことはありませんでした(笑)。ただ、サイトも内容もオシャレだったし、元々親が大工をしていたこともあって、何か縁があるのではないかと思い、まずは説明会に参加しました。その時の説明や、実際にモデルハウスを見て全く未知の世界だなと感じて、その全てが楽しそうだなと思ったんです。それまでやってきたある程度自分のやることに想像がつく仕事とは違って、やること全てが分からないこと自体にとてもワクワクして、是非挑戦したいと思いました。


Q.アール・スタイルの仕事の中で、楽しいって感じる瞬間ややりがいってなんですか?―――――――

後藤さん:
モデルハウスにいらっしゃったお客様が、私との会話を通じて楽しそうにしてくれた時ですね。初めは弊社の扱う物件について何も知らないお客様に対し、物件の価値について共感してもらえるように丁寧に説明して、興味を持ってもらえたと思える時って、お客様はだいたい楽しそうに会話をしてくださるので。
また、インターンシップ生にとって、モデルハウスの見学に来たお客様から個別の相談会の予約を取ることも大事な仕事なんですが、最初の頃は全然取れなくてとても苦労しました。初めて予約を取れるまでにはとても時間がかかりましたが、商品に関する知識をたくさん取りこんで、実践回数を重ねることで次第にできるようになっていきました。そうやって、自分のできることが増えていくのも、仕事のやりがいですね。自分の中でどれだけシミュレーションするよりも、実践経験を積むために、たくさんの人といっぱい話してみることが大事だったなと思います。

Q.まったく未経験の人でもインターンシップをすることはできますか?――――――

後藤さん:
できると思います!ただ、受け身の姿勢で入ると厳しいと思います。自分で何かを得よう、身に付けようっていう意欲があればどんな人でもできるインターンシップだと思いますよ。

Q.後藤さんがアールスタイルのインターンシップで頑張ったこと―――――――

後藤さん:
それまで、自らが接客の中で発する言葉に自信が無かったのですが、家を買うお客様からしたら私が自信を持てていないことが不安でしかないんですよね。なので、自分の発する言葉の責任能力を身に付けることが私の成長ポイントかなって思っていたこともあります。そういうことを意識していたので、インターンシップ期間を通して、言葉の力が強くなったと思います。言い回しもそうですし、伝え方もそうですね。印象を与える要素をいっぱい研究したと思います(笑)。気が付いたら仕事の時は、服装も髪型も決まったパターンに。接客時に使う言葉も絞られて、どんどん洗練されていった気がします。実践を通じ、かつそうした研究をしていったことで、実際に相談会の予約件数も増えていきました。
(ちなみに先月、相談会の予約数の最高記録を達成したそうです。すごい。)

Q.そこから新卒としてアール・スタイルに。なぜアール・スタイルに入社を志望しましたか?―――――――

後藤さん:
正直、ここ以外は就活で選考も受けていないです。でも、ずっとインターンシップをしていて、ここの会社以上の環境はないだろうって思っていました。その環境というのも、ただ給料とか福利厚生がということではなく、社員数5名と数が多くないからこそ、社長や上司からマンツーマンでいろんなことを聞くことができるということ。例えば、社長のマーケティングについてのノウハウや知識を、社長から直で学ぶことができるのがアール・スタイルなんです。社長だけじゃなく上司も含めて、誰かに聞けば、絶対何かが学べる環境に魅力を感じて、アール・スタイルで働くということを選択しました。ここで社員として働くからには、今以上に知識やスキルに貪欲に学んでいきたいし、そういう環境があることは魅力的だなと思っています。

Q.入社後や将来に目標はありますか?―――――――

後藤さん:
社長が以前、10年20年働くとしたら、いつかは独立してね!って言っていました。私自身もいつかは地元に帰りたいなという考えもあります。まだずっと先のことかもしれませんが、まずはここでマーケティングとか経営とかビジネススキルをどんどん身に付けて、それを活かして何か地元で起業できるような人間になろうと思っています。
入社後直近では、ゼロキューブの販売をメインに、誰よりも販売できる営業マンになるために頑張りたいと思っています。ずっとインターンシップをここでやってきていて、入社後どのくらいの数字(売り上げ)を取ればいいかも大体見えている状態です。とにかく、まずはその数字を達成し、その過程でどんどん成長していくことを目指します!

今回は、ここまで。
インターンシップは女性限定ですが、有給であることはもちろん、主体的に行動することで、学びを得られることが魅力のようです。取材をさせていただいた後藤さんも、学びに対して熱心で、自ら積極的に行動をおこしている方だなという印象でした。読者の方も、まずは、何か行動を起こしてみませんか?

さて、そんなアールスタイルのインターンシップ説明会を下記日程で開催します!是非ご興味のある方は、トポセシアのイベントページからご予約ください^^

■説明会開催日程
1月23日(火)18:30-20:00@Topothesia
2月13日(火)18:30-20:00@Topothesia

フェイスブックlinetumblrツイッターinstgram
STAFF BLOG一覧に戻る

access

〒901-2214

沖縄県宜野湾市我如古2丁目12−6

琉球大学北門より徒歩30秒

TEL:098-943-6260

代表:寺地 峻

MAIL:topthesia2013@gmail.com

営業時間:11:00-25:00(年中無休)

PRODUCED BY PARADOX TOPOTHESIA ALL RIGHTS RESERVED.